So-net無料ブログ作成

フェアリーテイル ネタバレ 300 確定

週刊少年マガジン第43号フェアリーテイル(FAIRY TAIL)第300話の
ネタバレです。

「龍の魂 眠る場所」
連載300回記念巻頭カラー


大魔闘演武の裏側で世界を変える”何か”がうねる。

ゼレフに似た魔力を持つ少女の正体を知ったジェラールは、
「オレたちは大きな勘違いをしていたのと同時に
あらがえない運命の中に閉じ込められていた。
世界を変える扉エクリプス、そして竜王祭」
とウルティアとメルディに言った。


場面が変わり大魔闘演武四日目の夜。

セイバートゥースが集まるクロッカスガーデンで、
スティングとローグがマスターのジエンマに敗北したことを
責められていた。

ジエンマは貴様等にセイバートゥースを名乗る資格はないと叫び、
スティングとローグに殴る蹴るの暴行を加える。

そして、ギルドの紋章を消せと言い放つ。

そこにレクターがスティング君もローグ君も頑張ったと震えながら
ジエンマに近寄る。

人は敗北を知って強くもなれる。スティング君は今回の戦いで多くの事を
学んだとフォローをしたレクターに対してジエンマは、
「誰だうぬは」と問う。

レクターは背中にあるセイバートゥースの紋章を見せるが、
ジエンマは「なぜ犬猫ふぜいが誇り高きセイバートゥースの紋章を
入れていおるか」と怒りながら、レクターに消えろと魔力を放った。

レクターが消えてしまったことに悲しみ叫ぶスティング。

やかましいと怒鳴るジエンマにスティングが拳から魔力を放ち、
ジエンマの体を貫く。

ジエンマは血を吐きながら倒れる。

誰もが驚愕している最中、ミネルバは「それでよい」と微笑んだ。


そのころファアリーテールのナツとウェンディたちは、
ガジルに案内されドラゴンの墓場にたどり着いていた。

ハッピーが「もしかしてこの中にイグニールが・・・」と言いかけたところ、
シャルルがたしなめた。

謝るハッピーに「いねえよ」とナツは答える。

ガジルは「オレたちのドラゴンが姿を消して14年、ここに眠っているのは
はるかに古い遺骨だろうな」と言う。

突然ウェンディが「ミルキーウェイ」と言葉を発した。

ポーリュシカさんから教えてもらった滅竜魔法の一つで、
天の川へと続くドラゴンの魂の声を聴けと言われたとのこと。

ウェンディは攻撃系の魔法だと思っていたが、魂となったドラゴンの声を
聴く魔法かもしれないと言う。

そして、ここに眠るドラゴンの声が聴ければ、ここで何があったのか、
いなくなった私たちのドラゴンのことについてもわかるかもしれませんと
言った。


街の中、人通りがない場所に場面が切り替わる。

そこでゼレフに似た魔力を持つ少女は、メモ帳に何かを書き込んでいる。

そのとき、「ここは立ち入り禁止だぞ」と警官に声をかけられ、
走って逃げ出すがメモ帳を落としていく。

メモ帳を拾った警官は書かれた文字を読んだ。
「エクリプス・・計画・・・竜王祭・・・」


FAIRY TAILに関連する楽天市場で感想の多い商品

週刊少年マガジン最新号の画像はこちらを参照してください。


第301話は「竜の王」。


ジエンマがあっさりやられてしまうとは思っていませんでした。

ミネルバは何かを知っているのでしょうか。

気になることが増えましたね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © みんなの感想あらすじネタバレ All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。